観測ヘリコプター

観測ヘリコプター
略称:OH-1
愛称:ニンジャ

[乗員]2人

○機体
[全長]13.40m
[全幅]
11.60m(AAMランチャー幅3.30m)
[全高]3.80m
[製作]川崎重工業

○エンジン
[名称]TSI-M-10
[出力]777SHP×2
[製作]三菱重工業
[最大全備重量]約4,000kg
[最大速度]約280km/h
[巡航速度]約240km/h
[航続距離]約550km
[実用上昇限度]約4,880m

陸上自衛隊の観測ヘリコプターOH-6Dの後継機。純国産機として平成4年から開発に着手、8年8月、初飛行試験に成功した。メーンローターにヒンジ レス(無関節)型ローターシステムを採用、操縦応答性の向上を図っているほか、グラスファイバー複合材を使ったローターブレード、座席の装甲化・防弾 ガラス、二重の油圧・操縦系統などで生存性を高めている。タンデム型(縦列)座席で機体本体の幅は1mしかないため、レーダー反射面積が小さく、目視 発見率も低い。ダクト内テールローターはブレード不等間隔で配列、騒音を抑え安全性を高めている。後部座席の後方上に赤外線センサー、可視カラーTV 、レーザー測距装置を一体化した索敵サイトを搭載、敵地上部隊の状況を昼夜を問わず探知、識知できる。コックピットには任務適合成の高いアピオニクス 統合システムを採用している。AAM×4で武装する。

 

f:id:investorschoice:20160216164947j:plain

出典:www.mod.go.jp/gsdf/equipment/air/index.html