89式装甲戦闘車

89式装甲戦闘車
略称:89FV
愛称:ライトタイガー

[乗員]10人
[全備重量]約26.5t
[全長]6.8m
[全幅]3.2m
[全高]2.5m
[最高速度]約70km/h
[エンジン]
三菱6SY31WA型
水冷4サイクル直列6気筒
ディーゼル機関
[武装]
35mm機関砲 1
74式車載7.62mm機関銃 1
79式対舟艇対戦車誘導弾発射装置 2
[開発]防衛庁技術研究本部
[製作]
・35mm機関砲:日本製鋼所
・砲塔,車体:三菱重工業
・誘導弾発射装置:川崎重工

陸上自衛隊にとって今までにないまったく新しいタイプの装備品。車内から小銃で戦闘できるように、乗員室に銃眼孔7カ所が設けられている。乗員10人のうち、車長、操縦手、砲手が一人ずつのほか、7人の戦闘員が搭乗できる。これまでの戦車、装甲車と異なるフロントエンジンの採用で、車内は73式装甲車より広い。暗視装置を装備しているので夜間戦闘力に優れ、車体は生存性の高い防弾鋼板を使用している。普通科部隊に装備し、戦車と一体となった行動を行うために使用される。搭載された35mm砲と誘導弾発射装置により、戦車の行動を支援でき、また戦闘員は銃眼孔から小銃射撃を行いつつ、敵弾下で行動できる。装軌式でかつ優れた走行性能を保有している。

f:id:investorschoice:20160216155230j:plain

出典:http://www.mod.go.jp/gsdf/equipment/ve/index.html