90式戦車

90式戦車
略称:90TK
愛称:キュウマル

[乗員]3人
[全備重量]約50t
[全長]9.80m
[全幅]3.40m(スカート付)
[全高]2.30m(標準姿勢)
[旋回性能]超信地
[最高速度]70km/h
[エンジン]
空冷2サイクル10気筒
ディーゼル機関1,500ps/2,400rpm
[武装]
120mm滑腔砲
12.7mm重機関銃
74式車載7.62mm機関銃
[開発]防衛庁技術研究本部
[製作]
・砲塔,車体:三菱重工業
・120mm砲:日本製鋼所

陸上自衛隊の第3世代戦車として、技術研究本部が昭和52年に開発に着手して10年余をかけ完成させた。62年9月に2次試作車2両を領収、63年1 2月まで技本の各研究所で技術試験を続けたあと、平成元年1月に別の2次試作車2両を領収して、東方・北方・西方管内で実用試験を行った。平成元年1 2月15 日、防衛庁装備審議会議で正式に陸上自衛隊の次期主力戦車として採用が決定、2年8月6日に「90式戦車」として制式化された。

f:id:investorschoice:20160216151928j:plain

出典:http://www.mod.go.jp/gsdf/equipment/ve/index.html