62式7.62mm機関銃

62式7.62mm機関銃
[口径]7.62mm
[全長]約1,200mm
[銃身長]600mm(消炎器とも)
[重量]約10.7kg(二脚架付)
[給弾方式]ベルト給弾
[製作]住友重機械工業

29年から開発し、37年2月仮制式となった。空冷ガス利用ピストン後退式の自動火器で、日本人の体格にマッチさせたため、従来のA1、A6より軽量である。照準眼鏡(倍率3倍・富士写真光機製)を装着し銃身は熱効果を考慮して羽根状にできている。軽快な運用を手とする場合には、二脚架を付け、良好な命中精度を期待する場合は三脚架を装着する。

f:id:investorschoice:20160216043619j:plain

出典:http://www.mod.go.jp/gsdf/equipment/fire/index.html