64式7.62mm小銃

64式7.62mm小銃
[口径]7.62mm
[全長]約990mm
[銃身長]450mm
[重量]約4.4kg(脚付、弾倉を除く)
[作動方式]ガス利用衝撃式
[給弾方式]箱弾倉 容量20発
[製作]豊和工業

37年から研究開発され、39年に仮制式になった国産小銃である。軽量、小型で日本人の体格に適合し、自動、半自動の切り替えが可能。従来の小銃M1と自動銃(BAR)の特性を兼ね備えており、短、連発ともに命中精度は良好である。本小銃用として同時に銃剣、照準眼鏡及び演習用の空包発射補助具等も並行して開発されている。

f:id:investorschoice:20160216042916j:plain

出典:http://www.mod.go.jp/gsdf/equipment/fire/index.html